車を買取専門店や新車ディーラー等に車を売却する際、スムーズに取引が行われば良いのですが、お金に直結するやりとりなので少なからずトラブルが発生することもあります。
これは実際に何件か起こっている事例なんですが、売却時のトラブルとしてこういったケースがあります。
振込金額が、契約金額を下回っているというケース。
一度行った査定額というのは、その後覆ることがないはずですが実際にこういうことが起こっています。
もしオーナー側が、振込を確認する際に正確に契約金額を確認せず、振り込まれたという事実だけ確認していたら、知らずに損をしているということになってしまいます。
万が一契約後に新たなマイナスポイントが見つかったとしても、買取側が一方的に査定額を変更することはできません。振込金額に無断で反映させるというのはもってのほかです。
こういったトラブルを回避するための絶対的な安全策として、心の底から信用できる業者を選ぶということが大事になってきますので、出張査定だけですべてを決めず、自ら店舗に出向いたり積極的にスタッフと会話をするなどして信頼度を高めるということも必要です。
売却はあくまで自己責任なので自らトラブルに巻き込まれないよう工夫するということも頭の中に入れておきましょう。