車を業者に売る際に、査定に直接マイナスの影響を与える「修復歴」。

 

修復歴とは主にどういったものかというと、大きな事故を起こした場合に、ボディの骨格や基礎部分を修復した歴のとことをいいます。

 

一般的に多いのが、天井や柱、クロスメンバーにサイドメンバーといった部分を修理したことがあるというケース。

 

これらの修理は、乗り心地や走行性能に直結する部分となるので商品力を下げてしまっていると判断され、査定時に大きな減点対象として扱われてしまいます。

 

この修復歴は査定時にネックとなってしまうので、査定士にこれまでに修復歴はありますか?と尋ねられた際に思わず「いいえ」と答えてしまう方も少なくありませんが、その後大きなトラブルに発展してしまうリスクを抱え込むことを考えると、自分にとっても得なことはひとつもありません。

 

後々のトラブルのリスクを抱えるより、査定士には正直に修復歴について説明するようにした方が得策です。

 

査定時に修復歴をごまかして、あとあと大きな事故歴が発覚すると、取り返しのつかないほどのトラブルに発展してしまいます。

 

実際に事故歴を偽って車を売却し、その後事故歴詐称がバレて多額の損害賠償を請求されたケースもあります。

 

後々このようなトラブルにならないために、修復歴についてはくれぐれも慎重かつ正直に話すようにすることが大切です。