買い取りと下取りの違いってどう違うの?と思われている方はたくさんいると思います。
大まかに言うと、お店の役割がそれぞれ違います。下取りというと、新しく車を購入するときにそのお店に今まで乗っていた車に乗って行ってそのままそのお店に売却することです。
買い取りというと、買取を専門事業としているお店や、販売店に新車購入とは無関係に直接車を売却することをいいます。
買い取りと下取りにはそれぞれメリットとデメリットが存在するので、それぞれの利点欠点を把握した上で業者を選びたいですね。
下取りに出す際の最大のメリットといえば、やはり手間が少ないという店です。買い取りと購入が同時にひとつのお店で行えるのですから、その分当然楽ですよね。
ですが、その分デメリットもあります。ほかの店舗で高額な査定を受けたとしても、それにディーラーが合わせてくれることはありません。
人気車種や装備に関しても買い取りと比較するとプラスになりにくいという側面があります。
では、買い取りはどうなのか?というと、人気車種や人気装備等が直接的に買取額に反映されるため、より高値がつくことが多いです。
また、いろんな買取専門店を回って、オークション形式で一番高値で買い取ってくれる業者を選んで買取に出すこともできます。
輸入車なんかだと、とくに通常以上の高値がついたりすることもざらです。デメリットとしては、市場価格に対するレスポンスが早いため、リアルタイムで相場額が変動するという点。
またその影響で、売却予定日をはっきり決めないと低めの査定になってしまうというケースもあるので注意しましょう。